食欲抑制剤  通販

安くて効果の高い食欲抑制剤は?

食欲抑制剤で最も有名なのは、日本で唯一認可されている「サノレックス」です。

有効成分マジンドールが食欲に関する神経に働きかけて、食欲を抑制します。

 

ただし、サノレックスは処方せん医薬品であり、ドラッグストアなどで簡単に購入できる薬ではありません。
また、通販(もしくは海外個人輸入)でも購入できません。
サノレックスは覚せい剤などと同様「麻薬及び向精神薬取締法」によって取り締まられます。
通販で販売しているところはないと思いますが、あったとしたらそれは違法です。

 

抜け道として美容外科などでは販売されていますが、1錠あたり500円程度と、かなり高額になります。

 

しかし、サノレックス以外にも食欲抑制剤は多数あります。その中には安くて効果にも定評のある商品も少なくありません。
本サイトでは通販で購入できる食欲抑制剤について紹介します。

 

マキシマムストレングス

炭水化物の分解を阻害し、糖分として体に吸収されにくくするサプリです。
つまり、炭水化物を食べても食べても太りにくくなります。
御飯が大好きな人にはおすすめの商品です。

 

サノレックスや、後に紹介するリポドリンやファスティンは中枢神経に作用して食欲をなくす事によって減量しますが、マキシマムストレングスは食欲はなくなりません。
副作用もほとんどなく、服用することによるストレスがほとんどないため、最近の売れ筋商品となっています。

 

使用者も多く、口コミ情報も多いので少し紹介します。

 

マキシマムストレングスの口コミ情報

★4ヶ月でマイナス10kgです!

 

★2ヶ月で3kg痩せました。

 

★いくら食べても太りません。

 

★好きなだけ食べられるのでストレスが溜まりません。

 

★ちょっと私には効果がなかったようです。

 

★劇的な効果はありませんが、現状維持できてます。

 

<コメント>
効果には個人差があり、効果を感じた人もいれば、まったく感じなかった人もいます。
しかし、副作用に関する口コミはほとんどみられないため、ダイエットサプリ初体験の方にはおすすめできる商品だと思います。

 

価格は1本150錠(75日分)で3,756円です。
(※価格は日々変動します)

 

マキシマムストレングスのさらなる詳細・口コミ情報はオオサカ堂のHPで見ることが出来ます。

 

→マキシマムストレングス詳細・口コミ情報はこちら

 

リポドリン

リポドリンはアメリカでNo.1のダイエットサプリです。これまで10年以上の販売実績があります。
日本に上陸してからも結構経つので知名度も高く、使用者も多数います。
口コミ情報をいくつか紹介します。

 

リポドリンの口コミ情報

★動悸はありますが確実に食欲が減ります。

 

★びっくりすることに確かにお腹がすきません。

 

★副作用は、のんでから30分くらいから動悸と寒気。

 

★寝る前に飲んだら寝れない感じです。

 

★食欲制御にはとても効きます。少し気持ち悪い感じがする程度なのであまり副作用はないように感じました。

 

<コメント>
フルファストとは異なり、効果に関しては多くの人が感じています。反面、副作用も大きいようです。
副作用はともかく、どうしても痩せたい、という人におすすめです。
価格は1本5,132円(50日分)です。サノレックスに比べるとかなり安いです。
(※価格は日々変動します)


→リポドリンの詳細・口コミ情報はこちら

 

リポドリン体験談

実際にリポドリンを使用した方に話をうかがいました。

リポドリンの効果と副作用(30代/男性)

小さいころから元々太めの体形で生きてきましたが、このたび一念発起してダイエットを決意しました。

 

これまでもプロテインダイエットなどいくつか試してはみたものの、飽きやすい性格からかなかなか自分に合うダイエットを見つけることができませんでした。

 

ネットで検索しても明らかな広告臭のする体験談ばかりだったため、今回はツイッターなどで本当に効果のありそうなものを探したところ、見つかったのがリポドリンでした。

 

その後ネットを探し回りリポドリンの錠剤を購入して、飲み始めてみました。価格は大体5,000円くらいで購入できています。

 

実際に飲んでみると、まず体が熱くなるのを感じます。発汗作用があるようで、普段は汗をかかないようなシーンで汗ばむことが多くなり、これがリポドリンの効果なのかなと感じながら、日々生活していました。

 

また、動機が早くなるのも感じました。これは少し怖くなる部分でもありましたが、その分効果が出るのではないかと信じ、飲み続けました。

 

すると大体1か月半ごろから徐々に体重が落ちていき、結果的に3か月飲み続けたのですが、2.3キロの減量に成功できました。ただ単に飲み続ければいいだけなので、特に続けることは苦ではありませんでした。

 

様々な人の口コミを見る限り、リポドリンと野菜ジュースで過ごしている人も少なくないようでしたが、私は健康面での体調悪化を不安に感じるタイプなため、基本的には量を減らすだけで食事はとっていました。

 

副作用として私が感じたのは、頻尿になるということです。
今までは一日大体4〜5回ほどトイレに行っていたのですが、このリポドリンを飲み始めるようにしてからは、9〜10回ほど行くようになってしまいました。

 

おそらくは代謝が上がっているためかとも思うのですが、少し不安にはなっていました。

 

それでもリポドリンを飲んでから30分〜1時間ほどすると、食欲が不思議なくらい無くなってくるので、そういった効果や実際に体重が落ちたのを見ると、現時点ではメリットのほうが大きいように感じます。

一ヶ月で4s減!産後太り解消のためにリポドリン使用(30代/女性)

35歳で出産しました。妊娠前に比べると7s近く太ってしまいました。慌てて産後ダイエットをあれこれ試してみましたが、年のせいで代謝が悪くなっているのでなかなか痩せません。食事制限をしても辛くて一週間で挫折してしまいます。育児や家事のストレスでどうしても間食をやめられません。運動をしようと思っても体力がなくて続きません。小さな子供がいるので外出して運動することができないんです。友人から「ダイエットサプリメントだったら楽だよ」と言われたので、初めてダイエットサプリを飲んでみることにしました。

 

ダイエットサプリ好きの友人からリポドリンをすすめられたのです。強力な食欲抑制効果や発汗作用が期待できると聞き、私にぴったりだなと思いすぐに購入しました。オオサカ堂で5千円ちょっとで買うことができました。まずはどうなるのかわからないので一本にしました。人によっては副作用があると友人から聞き少し不安でしたが、まずは何も考えずに一度飲んでみることにしたんです。

 

朝と昼にご飯を食べた後に、一錠飲んでみることにしました。飲んだ後一時間もしないうちに胸がドキドキしてきたので怖くなりました。なんとなく気持ち悪いような感じもします。昼ご飯はあまり食べたくないなぁと思いつつ、少しだけ食べてまたリポドリンを飲んでみました。その後子供を連れてスーパーまでお買い物へ行きました。いつもは車を使うのですが運動を少ししたほうが良いかなと思ったんです。

 

買い物をしている時に背中にすごく汗をかいてきました。身体がジワジワと温かくなり代謝が良くなったと驚きを隠せませんでした。相変わらず胸がムカムカするような感じで、少し手が震えるんです。怖いけれど即効性があることがわかり、頑張って飲み続けようと思いました。副作用はありますが絶対に無理だと思うほどひどくはないので、一ヶ月ほど飲みました。体重は4s減りました。飲んで良かったと思います。でも続けるのは一ヶ月が限度ですね。


→リポドリンの詳細・口コミ情報はこちら

 

ファスティン

ファスティンは現在処方箋なしで利用できる食欲抑制剤としては最も強力な商品といわれています。
フェネチルアミンという成分が脳内刺激伝達物質に働きかけ食欲を抑えます。

 

ファスティンの口コミ情報

★飲み始めてから5キロ痩せました。食欲もない感じです。

 

★飲んだら気持ち悪くなってしまったけど食欲本当になくなります。

 

★みるみる体重が落ちるのが楽しくなってきますよ。

 

★4週間で7kg減りました。

 

★食欲は減退しますが、気分も悪くなります。

 

<コメント>
かなりの効果を感じる人がほとんどです。ただ、やはり副作用を感じる人は少なくありません。
1ヶ月我慢できればかなりの効果を期待することができるでしょう。
価格は1本6,827円(30日分)です。リポドリンと比べると高いですが、サノレックスと比べるとまだまだ安いです。
(※価格は日々変動します)

 


→ファスティンの詳細・口コミ情報はこちら

 

BMIが35以上の人は肥満外来が安い

本サイト冒頭で、サノレックスは高い、と書きましたが、BMIが35以上の極度の肥満の場合、サノレックスも保険適用になるのでかなり安く手に入ります。
保険適用外で1錠500〜1000円ぐらいですが、肥満外来で保険適用だと60円ぐらいになります。
肥満外来は単に薬を処方するだけでなく、定期的に栄養指導、生活指導、カウンセリングなども治療プログラムに入ってきます。一人で減量するわけではないので普通のダイエットと比べると挫折する可能性は低くなります。
ただし、すべての肥満外来がサノレックスを取り扱っているわけではなく、漢方薬主流の投薬を行っている病院もあります。肥満治療の方法はあらかじめ問い合わせたほうがよいでしょう。

 

なお、BMIの平均は22です。この22という数値の状態が最も病気が少ないと言われています。
BMIが25以上になると肥満と言われる状態であり、高血圧や糖尿病のリスクが高まります。
BMIが35以上はかなり高度な肥満であり、病気のリスクが非常に高いため、保険適用になります。
なお、身長が150cmの人は体重79kgでBMIが35程度になります。
155cmだと84kg
160cmだと90kg
165cmだと96kg
170cmだと101kg

でBMIが35程度になります。

 

サノレックスの効果・副作用・価格

サノレックスは唯一日本で認可された食欲抑制剤だけあって、効果を感じる人の割合はかなり高いようです。
研究によれば70%以上の人に対して効果があったとされます。
服用すれば、食欲に関する神経に作用して食欲を減退させます。また、消費エネルギー促進させる効果もあります。

 

サノレックスの有効成分はアンフェタミン誘導体のマジンドールという化学物質で、これは覚せい剤の成分であるメタンフェタミンと類似しています。
つまり、効果も副作用も近い部分があります。

 

覚せい剤も食欲がなくなる(食べなくても大丈夫と錯覚する)作用がありますし、中毒患者はガリガリ痩せています。
また、喉の渇き、不眠、精神不安などの副作用もありますが、これもサノレックスも同様です。

 

ただし、サノレックス(アンフェタミン)は覚せい剤(メタンフェタミン)より効き目が弱いので、覚せい剤のように依存障害や中毒になることは少ないとされます。

 

このように、サノレックスはある意味危険な医薬品なので、医師の処方がないと入手できません。
また、基本的に重度の肥満症の患者に処方される薬なので、ちょっとしたダイエットのための薬ではありません。

 

ただし、費用をかければ入手できないこともありません。
倫理的にはともかく、重度の肥満症ではなくても処方する病院もあるようです。
ただし、費用は非常に高額になります。
保険は適用外で、薬価は医師が決めるので、定価はありません。
しかし、調べてみると1錠300円から1000円程度のようです。

 

少しでも安く手に入れようと、ネットの掲示板を通じて売買されることもありますが、これは違法です。

 

食欲抑制剤はサノレックス以外にもあるので、無理してサノレックスを入手する必要は全くありません。
リポドリンのような合法的で安い商品を優先して使用しましょう。

 

参考

「凄まじく簡単に出来る食欲の抑え方」
確かに簡単です。
食欲抑制剤を買うのが惜しい人は試してみてはどうでしょうか。

 

リンク集
痩せる薬 絶対・確実な商品はどれか?